富士山世界文化遺産登録5周年記念

  • 藤巻 亮太(レミオロメン)
    with BAND

    1980年生まれ。山梨県笛吹市出身。2000年12月、同級生3人でレミオロメンを結成。2003年にメジャーデビューし、「3月9日」「粉雪」など数々のヒット曲を世に送り出す。2012年2月、レミオロメンの活動休止を発表、ソロ活動を開始する。同年、初のソロシングル「光をあつめて」、1stソロアルバム「オオカミ青年」を発表。音楽以外にも活動の場を広げ、2016年には初の写真集「Sightlines」を発売し、写真展を開催した。以降も精力的にソロ活動を展開し、2016年、2ndアルバム「日日是好日」をリリース。2017年には3rdアルバム「北極星」を発表し、アルバムツアーの模様を収録したLIVE DVD「藤巻亮太 Polestar Tour 2017 Final at Tokyo」を、2018年4月25日にリリースした。

  • ASIAN KUNG-FU GENERATION

    後藤正文(Vo&G)、喜多建介(G&Vo)、山田貴洋(B&Vo)、伊地知潔(Ds)。1996年バンド結成。2003年4月、前年にインディーズ・レーベルから発表した『崩壊アンプリファー』がKi/oon Music (Sony Music Labels)より異例の再リリースとなり、メジャーデビュー。これまでに8枚のオリジナル・フルアルバムを発表。2016年12月末から2017年1月にかけて、結成20周年ツアーを武道館2days、他で開催。2017年7月にはアメリカ、南米を回るツアーを展開。2018年3月28日にベストアルバム『BEST HIT AKG 2 (2012-2018)』『BEST HIT AKG Official Bootleg "HONE"』『BEST HIT AKG Official Bootleg "IMO"』の3作品を同時リリース。6月7日より、全国ツアー「BONES & YAMS」をスタート。デビュー時から現在まで日本のロックシーンを牽引し続け、多くのロックファンから高い支持を受けている。

  • 浜崎 貴司(FLYING KIDS)

    takashi hamazaki

    数々のスマッシュヒットを連発し、ジャパニーズ・ファンクを確立させたFLYING KIDSのフロントマン。並行したソロアーティスト活動も15年以上にわたり、コンスタントに作品をリリースしながら、多彩なアーティストとのコラボレーションも展開。弾き語り共演ライブイベント『GACHI』をシリーズ化し、多くの名対決を繰り広げている。都内ライブ会場での対決が恒例だったが、近年では『出前GACHI』と銘打ち全国展開中。2011年よりギター一本で全国をまわる『浜崎貴司 弾き語りツアー“LIFE WORKS LIVE ~Since2011 / 終わりなきひとり旅』をスタートさせ、2015年6月には100本目を迎えた。この旅は現在も遂行中。2016年2月、ソロとしては初のベストアルバム『シルシ』をリリース。更に2016年5月には、「ウイスキーが、お好きでしょ」を配信シングルとしてリリース。「サントリーウイスキー角瓶」CMでお馴染みの名曲を浜崎貴司が歌う。2018年はFLYING KIDS結成30周年。新メンバー加入で9人の大所帯となったFLYING KIDSは、2月14日にフルアルバム『みんなあれについて考えてる』を発売。

  • 宮沢 和史

    kazufumi miyazawa

    1966年山梨県甲府市生まれ。甲府南高校卒。THE BOOMのボーカリストとして1989年にデビュー。これまでにTHE BOOMとしてアルバムを14枚、ソロでは4枚、GANGA ZUMBAとしては2枚リリース。作家としても、石川さゆり、喜納昌吉、矢野顕子、夏川りみ、MISIA、中島美嘉、岡田准一、島袋寛子、平原綾香、Kinki Kidsなど、多くのミュージシャンに楽曲を提供。代表曲のひとつ「島唄」はアルゼンチンでの大ヒット(2001年)を記録し、国境を越えて今なお世界に広がり続けている。デビュー25年を迎えた2014年、日本武道館でのライブを最後に、THE BOOMの歴史に幕を閉じ、しばらくの充電期間を経て、現在は歌手活動を再開。沖縄芸術大学で非常勤講師も務める。

  • 山内総一郎(フジファブリック)

    souichirou yamauchi

    1981年大阪市茨木市生まれ。15歳より音楽を始める。大学在学中からプロミュージシャンとして活動、その後は東京に拠点を移す。2004年フジファブリックのギタリストとしてメジャーデビュー。現体制となってから、フロントマンとしてボーカル&ギター、作詞作曲を手掛ける。2014年にはデビュー10周年を迎え、初の単独武道館公演を開催。2016年フェンダー社とエンドースメント契約を締結、アンバサダーとして活動。2017年には初の弾き語りワンマン公演「Mellow」を福岡・大阪で実施、大成功を収める。2018年は3か月連続配信限定シングルをリリースし、2019年10月20日に【フジファブリック 15th anniversary SPECIAL LIVE at 大阪城ホール2019「IN MY TOWN」】行うことが発表された。

  • 和田 唱(TRICERATOPS)

    sho wada

    1975年東京生まれ。トライセラトップスのボーカル、ギター、作詞作曲も担当。ポジティブなリリックとリフを基調とした楽曲、良質なメロディセンスとライブで培った圧倒的な演奏力が、高く評価をされている。SMAP、藤井フミヤ、松たか子、Kis-My-Ft2、SCANDALなどへの作品提供も多数。

  • 野口 健(アルピニスト)

    ken noguchi

    1973年8月21日、アメリカ・ボストン生まれ。偶然に書店で手にした植村直己氏の著書「青春を山に賭けて」に感銘を受け、登山を始める。16歳でヨーロッパ大陸最高峰モンブラン、アフリカ大陸最高峰キリマンジャロなどの登頂を果たす。1999年、3度目の挑戦でエベレストの登頂に成功。10年の歳月をかけて、7大陸最高峰世界最年少登頂記録を25歳で樹立する。1999年、エベレスト登頂。その後、以前から気にかけていたエベレストのゴミ問題を解決するために、4年連続世界各国の登山家たちと5000m~8000mの清掃活動に尽力する。一方、富士山のゴミの多さに心を痛め、2000年からは、「富士山が変われば日本が変わる」をスローガンに富士山清掃活動を精力的に行っている。